> お金を借りた後

お金を借入する前に確認した方がいい事

お金を借りた後

お金は借りる前までは、特にこれといって苦労することも大変なこともありません。
しかし借入れをすることで、お金を必要としていた目的を達成したあとには、
本当にあたりまえですが、返済をしなければなりません。
返済はお金を借りるという行為の中でもっとも大変な作業であるといえます。

来店不要で即日融資といったサービスが主流となっている現在では、
借入れすること自体がとても手軽になっているため、初めて利用する方であれば、
返済も初めてですから、借りた後になってその大変さに気付かされることも多いです。

  • きちんと返済する
  • 返済が終わるまでは追加借入しない
  • 繰り上げ返済を活用する

ここではお金を借りたあとに、確認しておきたいこと、気をつけなければならないこと、
覚えておきたいことについて考えてみたいと思います。

きちんと返済する

ごく当たり前ですね。でも借りる前まではこのぐらいの金額の返済は大丈夫だろう。
という想像で返済額を設定します。自分で設定しなくても、借入れ先ごと借入れ金額ごとに
最低返済額というのが設定されますから、必ずこの金額を最低でも毎月返済しなければなりません。
毎月の返済というのは想像している以上に負担が大きいものです。 

返済が終わるまでは追加借入しない

キャッシングは限度額の範囲内であれば、いつでも追加借入ができる点も
便利なポイントのひとつですので、本当に必要な場合であれば仕方ありませんが、
借入残高があるうちはできる限り追加借入をしないようにしましょう。

というのも、この追加借入が癖になってしまうと、借りられる金額=限度額が 【使っていい金額】
であると錯覚してしまい、限度額いっぱいまで借りてしまうというケースが非常に多いからです。

繰り上げ返済を活用する

キャッシングの返済は、最低限ひと月に一度の返済が必要ですが、
臨時収入があったり少し余裕がある場合には、毎月の返済のほかに任意で返済を行う
繰り上げ返済の利用が有効です。繰上げ返済を行うことで、
元金そのものを減らすことができるため、
金利分の負担を大幅に減らすことができます。
返済開始からできるだけ早い時期に行えば、より効果的に総返済額を減らすことができます。

最近では、ネット申し込みに対応している大手業者なら、
ほとんどがインターネット上での繰り上げ返済にも対応していますので、
返済についても手間をかけずに行うことができます。