> お金を借りる方法

お金を借入する前に確認した方がいい事

お金を借りる方法

さまざまな理由でお金が必要になるケースは沢山ありますね。
金額も大小あると思います。急にお金が必要であったり、どうしても欲しいものがあるなどで
絶対にお金が必要になったりします。

ではお金はどこで借りればいいのか

お金を借りる所を考えて見ました。

  • 家族や親類から借りる
  • 友人から借りる
  • 会社から借りる
  • 銀行から借りる
  • 金融公庫で借りる
  • 消費者金融でキャッシングする

だいたいこんなところだと思います。

家族や親類に事情を話して借りる事が出来ればよいのですが、
お金を使う目的によっては 言いづらいこともありますね。
友人も同様に、友人だからお願いできる事もあるかもしれませんが、
大抵の場合今後の友人関係が気になってしまうはずです。
会社から借りている人もいたりしますが、 なかなかそれはできませんね。
銀行の場合は結婚したりするとよく話題になったりしますが、
住宅ローンであったり、自動車ローンなどの場合は利用できます。

金融公庫で借りると良いという話しを聞きますが、
金融公庫で借りる場合は使い道に制限がありますね。
事業の為のお金であれば金融公庫などの国から借りる方が良いと思います。

もし、事業などではなく、生活費の足しであったり、目的に制限なく借入した場合は
消費者金融などでキャッシングするのが一番簡単な方法です。

もしも家族や親類、友人などに頼めるようなら、頼んだ方が良いかと思いますが、
人間関係はとても大変で一回借りてしまうとまた頼もうかなと思ってしまったり、
相手からするとまた借りたいって言ってくるかななど色々考えてしまいます。
関係が悪くなったりする原因にもなるので、出来れば避けたいと思う方も多いかと思います。

このような煩わしさがなく利用できるのがキャッシングなのです。
使う用途は自由ですし、最近は金利も下がっています。
利息が高いと思ってしまいますが、金額によってはまったく気にならないくらいの
利息だったりもするので、お金を借りる方法の一つとして頭にいれておいても良いかもしれません。

もし消費者金融でキャッシングする場合は

消費者金融でお金を借りるには、
流れとして申込→審査→契約→融資となります。

申込はWEBなどで行えるのですが、借りたい金額などの必要事項を入力して
申込をします。その後、審査があり、審査に通ると契約に移ります。
契約では色んな書類が必要かと思うかもしれませんが、基本的には
運転免許証などの身分証明書と印鑑があれば大丈夫です。印鑑はいらないときもあります。
運転免許証をカメラで写してメールなどで送信して、必要書類を提出します。
契約終了すると、お金が口座に振り込まれます。

といった流れになります。今回は振込で説明しましたが、店舗に行って
自動契約機などを利用すると、ATMで引き出すためのローンカードを発行できるので
カードを使ってその場でお金を引き出すことが可能です。

キャッシングの借入先

上記では消費者金融でのキャッシングについて書きましたが、
個人向けの小口の借り入れ、いわゆるキャッシングというサービスを行っているのは、
消費者金融だけではありません。

クレジットカードのキャッシング枠や、最近では銀行のカードローンもサービスが充実し、
手軽に利用できるようになってきています。
クレジットカードは多くの方がお持ちなので、小額を借りるのであれば、
これが一番手軽かもしれません。銀行のカードローンの場合は消費者金融や
クレジットカードに比べるならば、審査が若干厳しい傾向にありますが、
その分低金利での借り入れが可能です。

それぞれの生活スタイルや状況にあった方法が選べるというわけですね。