> お金を借りるとき

お金を借入する前に確認した方がいい事

お金を借りるとき

お金を借りるとき、どういった理由で借りているか?
色んな理由があると思いますが、大きく分けると

  • 生活維持の為
  • 一時的な借入
  • 返済に充てる為
  • 趣味に使う

上記のように分けれるのではないかと思います。 一つ一つ細かくみていきます。

生活維持の為に借入する

必ず必要な生活費。生活費が足りない為に借入するのですが、
多いのが、少し前までは足りていたのにお金が足りなくなったケースです。
どういう事かというと、おそらく何かしら生活に変化があった事が考えられます。

  • 子供ができた
  • 引越しをして家賃が高くなった。
  • 共働きではなくなった

など、今までと少し状況が変わって出費が多くなったり、収入が減ったりなど、
こういった場合、生活水準を変えずに生活をしているとお金が足りないのは当然ですね。
基本的には収入に見合った生活をする事が大事ですが、
生活水準を変えたくない人は、その分 貯蓄をしておくなど対応が必要です。
なので環境が少しでも変わった時には注意しておく必要があります。

一時的な借入をする

頻繁に借入するという訳ではなく、イベントごとなどで借入する場合。

  • 旅行
  • 大きい買い物

ボーナスなどによってすぐに返済できる目途があったり、
借入したほうがお得になるケースであったり 一時的に借入してすぐに返済する感じです。

返済に充てる為に借入する

借入したお金を返済するために他社から借入をするのですが、
金利が低くなるなどの理由で一本化するケースもありますが、
返済の為の借入は悪循環になり、失敗する原因となるので気をつける必要があります。
借金は必ずきちんと完済までの計画を立てる必要があります。
これが出来なければ借入しないほうが良いでしょう。

趣味に使う

趣味の為に使う方は結構います。 例えばどんなものか?

  • ビンテージギター
  • 骨董品
  • 車・バイク

などの為に借入します。

このように借入する人によってお金が必要な理由が異なったり、
お金がないから借入するわけではない人もいたりなど、様々です。

来店せずに借入できたり、即日借入できたり、返済もコンビニで出来たり、
総量規制、グレーゾーン金利の撤廃、銀行の資本が入ったりなど、
便利で信頼のある サービスになった為、敷居も下がり、
簡単に借りれる便利なサービスになりました。

便利だから故に借入する本人がきちんと管理する必要があり、
良いサービスなのに、人によって悪いサービスに変わってしまったりも
するので自己管理が大切ですね!